幸せの海の底から

嵐、NEWSという海の中

グリーンマイル行ってきました(恐らくネタバレなし)

 

先に、これから行かれる方へ

 

個人の自由なのでこんな戯言聞き流していただいて結構なんですが、耳を傾けてくださるのであれば、

 

 

話を知らなくても十二分に楽しめます

が、

もし時間があれば、原作を読んでおくとより楽しめると思います。

 

 

そしてパンフレットは 舞台の後に見たほうが私は楽しめました。

 

 

本当に、個人的で勝手な意見なのでそんなことなかった、と怒らないでください

 

 

そして、できるだけ本編には触れないように書きますが、少しでも見たくないという方はここまでで読むのを止めておいてください

 

観劇後に気が向いたら読んでいただけると有難いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルの通り、行ってきました

 

グリーンマイル

 

 

全ての日程が終了して、頃合いを見計らって書けたら詳しく書いていきたいと思います

 

 

四季などのミュージカルしか見たことのなかった私にとって、すごく新鮮でした

 

 

 

始まるまでは、

 

どんな風に舞台になったんだろう

どこを切り取ってやるのかな

初めてシゲちゃんをこんなに近くで見るけど緊張するな

 

なんて、呑気に考えていました

 

 

 

終わってみて、

 

 

 

何も言えなくなりました

 

 

 

胸がいっぱいになってしまって

言葉になりませんでした

 

 

舞台の最中には、集中していて私は全然泣いていなかったけれど、最後のカーテンコールで鳥肌が立ち、うるっときました

 

 

終わって、しばらく経つまでは舞台の感想がなかなか思い浮かびませんでした

 

 

しばらく経ってからジワジワと蘇ってきて

 

 

あそこがよかったな、あれはどういうことだったんだろう

 

 

なんて、色々と考えていました

 

 

 

 

帰りの電車で、その日のことを忘れないように観劇した感想をひたすら携帯のメモに残していったんです

そしたらなかなかの量に 笑

 

 

頭の中にだけ残しておいてもよかったのかもしれないけれど、それだと私はいつか忘れてしまう

 

 

今日見たことは絶対に忘れたくない

 

 

そんな気持ちもあったのかもしれません

 

 

 

帰ってきて、ゆっくりパンフレットを読んで、出演者の皆さんは、こんな風に思いながら演じられていたんだなとまた思い返しました

 

 

 

素敵な舞台を観ることができて、とても良い経験になりました

 

 

この歳で観ることができてよかったな、とも同時に思いました

 

 

 

 

また何か舞台観に行きたいな〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き終わって、たまに

自分、なんでこんな風に書いてるんだろ、恥ずかしいな

って思う時がある

 

今回、それです 笑

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 

では!

 

シゲ担になった理由

Twitterのタグで、

 

「シゲ担になった理由10個あげて!」

 

とのご要望(?)があったので、今回はそれを書きたいと思いまーす!!

 

しばしお付き合いください

 

ではいきますよ〜

 

 

 

 

 

 

 

1. 6人時代の24時間テレビ

 

これは、私がシゲさんを知るきっかけとなったから外せないよね

 

曲は聴いてたんですよ

weeeekとかSUMMER TIMEとか6人のときのシングルはほとんど聞いてる

 

どうして聞いていたのかはわからないけど、なんとなく聞いてたんでしょうね〜

 

 

んで、本題に戻ると

 

まだファンじゃなかったから特に気にせず見ていたその回の24時間テレビの中で覚えているところが

 

マラソンランナーだったイモトさんのゴールのシーン

あの、手越さんがギュッと抱きしめたあのシーン

 

 

 それと

成亮さんがスティールパンを叩いていたシーン

 

他の企画は全く覚えていないのに←

何故かここだけよく覚えてた

まだ小学生くらいだったけど、小学生ながらにカッコいいお兄ちゃんが面白そうな楽器弾いてるなくらいの感覚だったと思うけど

 

 

 

かなりカッコよかった

 

輝いてた

 

 

あの姿は忘れられない

 

 

 

それからNEWSなら加藤くんが1番好きかな〜ってなった

 

 

 

2.顔

 

 

だってカッコいいもん

 

あの瞳に吸い込まれる

 

 

顔ファンという言葉があるように、顔ってファンになるのに結構重要だと思う

 

当時もカッコよくて好きだけど、今の顔の方が好きです 

 

 

 

3.特徴的な声

 

 

低くて、しゃがれ少しざらついた感じのする声が好き

 

これは、相葉くんも特徴的な声の持ち主だから完全に私の好み

 

歌を歌えばユニゾンで歌っていても埋もれることなく聴こえるし、ソロはソロですごく個性的で魅力的

 

 

シゲの声を認識したのはおそらくABOくらいじゃないかな(遅い)

借りてきたCD聴きながら

「この特徴的な声は誰だ」って思って音楽番組チェックして、加藤くんか、って思った記憶がある

 

 

 

4. 本を書いていた

 

もう、ずっとここで書き続けていますが

 

 

とにかく昔から本を読むのが好きだった

 

 

だから初めて本を書いたって聞いた時はどんな本を書く人なのか純粋に興味があった 

 

読んでみても、すごく好みだったから

 

 

 

もう、好きです(突然)

 

 

 

5.失恋ショコラティエ

 

いやもうさ、

 

 

シゲ担で関谷くん嫌いな人いるの?

いないでしょ?

 

あんなに爆イケで、薫子さんを誘惑して、、、

 

 

好きになるに決まってるじゃん、、、 

 

 

 

6.笑顔

 

いやー、

 

 

最高だよね

 

 

 

もともと、もっとクールなイメージだったからあの口角のキュッと上がったキラキラした笑顔見たら好きになるしかなかった←

 

 

 

7.割とめんどくさいとこ 

 

これ、注意してもらいたいのが

 

 

割と、ってところです

 

 

でないと悪口みたくなっちゃうから

 

そこも含めて好きってことですよ

 

まだ、担当と自称し始めて浅いのでただの戯言として受け流してくださいね

 

しっかり自分を持っているし、ちょっと頑固なところもあるのでは?と思ってる

感受性豊かだから考えなくてもいいことまで考えていそうだし、そこまで考えなくていいよ、って言われても自分なりに答えが出るまでは考えていそう

 

そんな人間くさいところに惹かれる

 

 

 

8.運動が苦手だった

 

見た目は、テニスとかバスケとかやってそうじゃないですか?

サッカーとかもできそう

 

なのに球技がすごく苦手っていうところの意外性がいい、、、

 

スポーツ万能だったら

 

 

はいはい、やっぱりね

 

 

ってなる所を

 

できないからこそ、

 

 

可愛いね〜、う〜ん♡

 

 

ってなるのがいい(褒めてる)

 

 ギャップ萌えってやつですな←

 

 

9.創り出すもののアイデアが豊富

 

ライブ映像とソロ曲PV両方見れるのNEWSが初めてだったから驚いた

 

ESCORTはPVとライブでは全然演出が違う

PVでしかできないこと、ライブだからできることを考えて全然違う演出をしてくるその振り幅にとても驚いた

 

どこからそんな想像がでてくるのって気になる

 

 

 

10.なんとなく

 

 

 

 

最後めっちゃ適当じゃない

 

と思ったでしょ?

 

 

そうじゃないんだよ

 

 

これはもうどことかそういう次元の話じゃないんだよ、、、

 

 

 

ふとした時に

 

 

好き、、、

こういうところだよ、、、

 

 

 

ってなるの!!

 

 

だからシゲ担やってるんだから!!

 

 

ヲタクなんてみんなこんな感じでしょ?ね?(開き直り)

 

 

 

 

 

とまあ、こんな感じでしょうか

 

 

以上!

今回も最後までお付き合い頂きありがとうございました!!

 

オフボーカルの良さを知ってもらいたい

※11/11 タイトル変更しました(こっちの方がわかりやすいかと思って)

 

 

最近、ダウンロードで曲を聴く人が増えてCDが売れなくなってきているなんて話をよく耳にしますが

だからこそ(?)知ってもらいたい

 

 

 

インストの良さを!!

 

 

インストとはわかりやすく言うとオフボーカルのことです

CDだとオリジナル・カラオケとなっていることが多いです(少なくともジャニーズは)

最初イントロと間違えてました、私

 

オフボーカルってCDには入ってることが大半ですが、ダウンロードだとわざわざボーカル無しを聴くことって滅多にないですよね

 

CDに入っていても案外聴かないですよね、私もそうでした

いざ、オフボーカルにハマってみるとなんで今まで聴いてこなかったんだと衝撃を受けるくらいもったいないことしていたなと思っております

 

なので今回はオフボーカルの良さを知ってもらうべくオススメのインストとともにその魅力について語りたいと思います

 (音楽素人です)

 

 

マジで良いから! 騙されたと思って聴いて!

 

 

 

もちろん、今まで通り嵐とNEWSの曲で書いていきますよ〜

 

 

 

1,  affection 嵐  シングル「復活LOVE」初回限定盤 c/w :2016

 

インストにハマったきっかけがこれ(割と最近)

初回盤なのがもったいないくらい

 

終始聞こえるピアノの音がすごく綺麗

ボーカル入ってるときよりもゆったりした感じに聴こえる

夜寝る前とかに聴くとすごく落ち着くのでオススメですよ!

 

雨の夜のドライブって感じ

 

嵐が歌っていると嵐の歌って感じがするけど、インストだとドラマのサントラみたいな印象にガラッと変わる

 

私の印象としては

 

サビがマイガールのサントラにありそう

 

って思っております

嵐の歌有りバージョンだとRUIの月のしずくと雰囲気が似てる気がします

 

 

 

2, voice 嵐 シングル「Your Eyes 」 通常盤 c/w : 2012

 

こちらはかなり温かみのある曲

マンドリンの音(?)がすごく特徴的ですよね

 

私のイメージは夕焼けが綺麗な夏の終わりの砂浜が、辺り一面オレンジに染まっている感じ

 

歌詞が無くてもこんな風に情景が浮かんでくる気がしてなんだかおセンチに…

 

この曲、歌有りと無し両方聴いてもらうとより楽しめるんですけど

Cメロで嵐が歌ってる部分、歌無しだと歌有りじゃ聴こえない(少なくとも私には)波の音がはっきりと聴こえます

 

これはもう

 

自分で聴かないとわからない!(断言)

 

インストを聴く上で是非聴いて欲しい!

 

 

 

3,Sakura  嵐 シングル 「Sakura」収録:2015

 

シングルA面で今まで一曲も出ていなかったので、何かないかなと探していて見つけました

 

嵐のシングルA面ってタイアップになることが多いからどうしても歌無しだと何か足りない感が出てきちゃう

 

でも、この曲はそんなの感じさせないくらいいいよ!(偉そう)

 

だってさ、

 

 

 バイオリンがいい!

アコギの音も良き……

 

 

嵐×バイオリンといえばさ、truthとかCOOL&SOULじゃん?

 

 

みなさーーん!この曲、新勢力ですよ!

 

 

 

4, 恋を知らない君へ  NEWS シングル「恋を知らない君へ」収録:2016

 

やっとこさ、ここからNEWS投入

NEWSの中で探していてさ、気づいたんだ

 

 

NEWSの曲A面くらいしかカラオケ付いてなくね⁉︎

 

 

そう、カップリングのカラオケが付いていないことが多いのです

 

調べたら、チャンカパーナのそれぞれのソロが入ってるCDにはソロ曲のオフボーカル入ってるみたいです

 

 

神かよ、、、

 

 

今はもう売ってないだけに、当時買っておかなかったの悔やまれる…

 

持ってる方は私の分まで聴いてくれ…

 

 

で、恋を知らない君へね!

 

発売当初、何かの雑誌でメロディがシンプルで音数も少ないよね〜なんてメンバーが話しておりましたが

 

 

マジで音数少ないよ! 

 

 

特に曲の始まりと大サビ入る前のCメロのところね

 

ピアノの音しか聴こえないの

 

それもかなり音が少ない

 

恋を知らない君へって基本的にユニゾンがかなり少ない曲で、サビしかユニゾン無いんですよ

 

で、その特に音が少ない部分をソロで歌っているのが、そう

 

 

テゴマス

ちょいと色変えてみたよ

 

 

いやはや、たまげるわ

元々歌の上手い人たちだとは思っていたけれども

インスト聴くとね、 

 

え⁉︎あんなに静かなメロディーのところほぼアカペラであんな上手に歌ってんの⁉︎

 

マジかよ……

 

 

ってなること間違い無しよ 

 

ほんと、テゴマスってすごいわ……

 

 

 

5,EMMA  NEWS シングル「EMMA」収録:2017 

 

公式の宣伝にもあるように、アメリカンハードボイルドな曲

 

この曲はコーラスと言うのかな、オーオー言ってるじゃないですか←

 

だからやっぱり、歌の方に意識が向くんですよ

私も初めてこのインスト聴いた時びっくりしました

 

 

こんなに後ろでブイブイ言ってたんかって

 

 

サビ前はめっちゃブイブイ言ってるのにサビ入った途端、ブイブイ言わなくなるんですよ

 

 

あと、この曲の 大サビ前の増田さんソロの部分、

 

ここもまた音の数が一気に減る

 

ボーカルの声に集中させる為の作戦なのかな、と勝手に考えております

 

歌が上手いからね

 

 

 

6,Fighting Man NEWS シングル「Fighting Man」収録 : 2010

 

この曲はハモりの部分が残っているので完全なオフボーカルとは言えないんですけどこれもまた良い…

 

音楽番組とかライブで聴いていても、ハモっている部分ってどうやってハモっているのか上手く聞き取れなくないですか?

 

この曲、メンバーのハモリ入ってるので

 

うわー、ここ、こんな風に歌ってるの〜!

 

ってなります(私だけかもしれないけど)

 

 

*番外編 

 

 ○ヴァンパイアはかく語りき 加藤シゲアキ ソロ シングル「チャンカパーナ」初回盤E 収録 : 2012

 

もうね、

 

 

何も言わずに聴いてくれ

 

 

作詞はシゲさんだけど作曲はシゲさんじゃないんですね

 

恐らく(というかかなりの高確率で)歌詞先行で出来た曲だと思います

あの詞にピッタリの世界観醸し出して、ライブじゃヴァンパイア登場ですからね〜

 

調べたらこの曲を作ったのは中西亮輔さんという方で

 

NEWSとよくお仕事されています

 

シゲさんのソロの編曲はほとんどやられていますし、NEWSの曲だとみんな大好きBYAKUYAやWonderみたいなカッコいい曲からGreedierや君がいた夏のように爽やかな曲まで手がけているみたいです

 

中西さん、

 

 

NEWSに名曲をありがとうございます、、、

好きです、中西さんの曲

 

 

いや、もう足向けて寝られないよ

 

 

 

加藤さんのソロのインスト全部欲しい

特にあやめね!

ラジオのBGMとして流れているけど欲を言えばコーラスもありで欲しい

 

 

 

嵐もそうなんだけど、アルバム曲も素敵な曲多いからアルバム曲とカップリング曲のインスト欲しい

 

CDにするのが難しいのであればダウンロードでもいいです(できればCDがいいけど…)

 

 

どうか、ご検討を

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!

 

 

では 

文章についての話

9月になってはじめての投稿になりました。

 

今回は文章について書いてみたいと思います

 

 

 

前にも書いたと思いますが、私は本を読むのが好きで、小さいころから色々と読んできました

だいたいはドラマ原作とか児童文庫とか特にこれってこだわりもなく読んでいました(今もこだわりないけど)

 

 

そんな私が、文章について思っていることをゆるゆると書き連ねていきます

 

 

 

小説を読むことがかなり多い

たまに小説じゃない本も読むことがあるけど、なかなか読み進めることができなくて時間が小説の倍くらいかかる

多分、起承転結というか話の流れがないと私は読むのが苦手なんだと思う

ビジネス書とかって章立てして、あるテーマについて章ごとに書かれているってイメージがあるけどそれが苦手なのかも

流れがないわけじゃないけどリズムが一定というかただ流れていく感じがして本の中に入っていけない

 

教科書みたいに自分から読もうと思ったものじゃなければ読める

何にも考えてないから 笑

 

 

ただ、小説は別

 

 

小説はスルスルと読めることが多い

 

 

物語だと頭の中にイメージが湧きやすい

からだと思う

他の人とこういう話をしたことがないからこれが普通かもしれないけど、私は物語を読んだら頭の中に場面が映像としてイメージされる

 

 

その映像にも2パターンあって、

 

1つは第3者の目線からのイメージ

ドラマ、映画原作の本はこっちのパターンが多い

キャストが決まっていたり、先に映像を見てしまっているからそのイメージが浮かんでくる

もう1つは登場人物の目線のイメージ

言わずもがな映像化原作じゃないものはこれが多い

たまに勝手にキャスティングしてることもあるけど 笑

 

 

ただ、この2つ目の登場人物の目線で読んでいる時はめちゃめちゃ疲れる

感情移入するって疲れるんですね…

 

本によってはかなり感情移入するものもあって、それが暗めの話だと気分までズーンと暗くなる

 

ちなみに、今までで1番疲れた本はシゲちゃんの閃光スクランブルでした 笑

あれはだいぶ引きずる…

 

あんなに疲れる本は今の所他にない 笑

 

それだけ素敵な作品をシゲちゃんが書いているということですかね 笑

 

 

閃光スクランブルの話は長くなると思うのでまた別の機会に 笑

どんどん先延ばしになってる気がする

 

 

 

本以外の文章って言うと、最近はブログも読むようになってきた

とは言ってもジャニーズのファンの方のブログばかりですが 笑

 

どなたもとても面白い視点から自分の考え、感じたことを書いていらっしゃってすごく魅力的な文章で素敵なブログばかりです

 

とても私には書けないような面白いブログばかりで羨ましいです 笑

 

 

 

さて、ここまで読むことに焦点を当ててきましたが、ここから書くことに焦点を当ててみようと思います

 

 

ブログを書き始めたのは先月から

嵐とNEWSへの愛を140字では書ききれなくなったからこっちへ

 

私が文章を書くにあたり、気をつけていることが3つあって

 

1つは自分の思ったことを書く

正直、文法とか気にせずに書いているからめちゃくちゃな文章を書いていますが書きたいことを書くということを意識しています

 

もう1つはどんな人の目に触れるかわからないことを意識すること

これはかなり気をつけてます

人を不快にしないように書いているつもりです

投稿する前に何回もプレビューして見るし、これだと別の意味で捉えられることがあるかもしれないと書き方を変えることもあります

 

最後に、ひたすら愛でるということ!

2つめとカブりますが、悪口とかネガティヴなこと見ていい気分にはならないかなと思うので、なるべく楽しいこと、嬉しいことを書いていきたい!

 

 

あとは、

自分では自分の文章の魅力はわからないので、自分のブログの何がいいのかわからない 笑

 

なので、こんなゆるーいブログを読んでくださってありがとうございますって気持ちと何で私のブログ読んでもらってるんだろって気持ちがぶつかり合ってます 笑

 

 

これからも1ジャニオタとしてゆるーく書いていきます

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

では

 

 

潤くん誕生日おめでとう

潤くん誕生日おめでとう!

って伝えたい

それだけのためのブログ

 

どうしよう、何から伝えよう

 

 

まず、潤くんて顔も言動もはっきりしてるからニノも手紙で言っていたように、怖い人だと勘違いされがちではあるけど優しい人だよね

 

世間的には道明寺のイメージとかごくせんのイメージがあるからちょっと近寄り難い雰囲気醸し出してるように捉えられちゃう

 

東京ドームの回転扉に入らなくて不機嫌になるし、お菓子の袋開かなくてポイッてしちゃうし、イヤモニが合ってなくて耳痛くなってメンバー睨んじゃうし…

 

でも、不機嫌でもちゃんと挨拶はするし睨んじゃった理由も説明してくれるし、ちゃんとその後謝るし

 

 

 

 

可愛い…

 

 

 

今はすっかり丸くなって穏やか〜な笑顔を見せてくれます

 

某オムツのCMなんかもう堪らん

 

 

同じ世界の人間とは思えない

 

 

…実際同じ世界の人間じゃないですけどね

 

 

生で見ると本当に綺麗な顔してるんですよ!

ライブで見ると凄い

 

思ってたより背が高いし、肌白いし、顔が小さいし、オーラがあるし

 

 

 

これが嵐…

ってなる

 

 

 

 

嵐のライブってファンじゃないけどジャニーズのライブ行ってみたいって人にオススメなんですけど

 

いかんせん当たらない

 

ファンでも当たらない

 

嵐のライブは潤くんが中心となって作っているのですが、毎回新鮮に驚かされます

 

普段は野球しているドームの中をとんでもないエンターテイメントの場所に変えてしまう

 

 

魔術師なんですよ

 

 

 

まんまと毎回その魔術にかけられている訳ですが…

 

 

 

 

一回ライブ見て!もう!説明できないから!映像でも魅力は十分伝わる!

 

 

 

 

 

 

そうそう、潤くんていつもスタイリッシュに決めててカッコいいって印象ですがファンサがとても多い!

 

最初はすごく意外だった

 

普段はクールな感じだと思ってたのに(ファンになった当時が2007年とかだから)

こんなにピースしてくれるの⁉︎

ウインクとかも⁉︎

って驚いた

 

 

 

その様子もライブで確認してください

 

 

 

必ず好きになります

 

 

 

 

 

よくテレビで交友関係がものっすごく広いことはメンバーが話しているんですが

それを演出に組み込んでくるんですよ!

しかもだいたいゲストの人に嵐との関わりを聞かれて名前が出ない事がない!

 

 

 

イケメンのハブ空港流石!

 

 

 

 

ここまで散々カッコいいところを挙げてきましたが彼、とてつもなく可愛いんですよ!

 

最初にも可愛いところを挙げましたがそんなもんじゃない

 

 

 

 

カッコいいとカッコ良くない、どっちがいい?

 

とか言ってるくせにモノマネするし

それがボビー・オロゴンだし

意外と完成度高いし!

 

 

 

そしてこれを忘れちゃいけない

彼が

 

ゆるキャラが大好きなところを

 

 

罰ゲームでふなっしーなっしーとか平気で(?)やるんですよ!彼は!

 

 

二枚めなのにバラエティにも出れる!

 

 

 

そこがいい

 

 

 

 

改めて、

 

 

潤くん誕生日おめでとう!

 

 

ナラタージュ原作読んだよ!

葉山先生が潤くんで脳内再生されるくらいぴったりの役だと思うよ!

映画館に見に行くよ!

 

 

 

さて、午後ティー無糖飲みながらたけのこの里きのこの山食べるか〜

 

ミルクチョコも忘れずに

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

24時間TVの感想

地方に住んでいるのでローカルに入る時間もあるので確実に見れているドラマ、しやがれ、3人がしゃべっていたところと…その他書きたいこと書きます!(雑)

 

 

まずはドラマかな

 

映像の質感がちょっとレトロな感じなのが好きだな

何というか、セピア色っぽいというか

昭和な感じがしてずっと見てられる

あと、KAT-TUNのファンの方には申し訳ないんですけど亀梨くんのお芝居ってほとんど見たことがなくて(ごくせん、ヤマトナデシコくらい)であまりお芝居のイメージがなかったけどドラマ中は亀梨和也じゃなく、阿久悠さんとして存在していてすごくカッコよかった

眉毛が普段と違うからかな?表情も普段の穏やかな感じじゃないからか亀梨くん感がなくて、こんな風に役に寄り添うお芝居する方なんだなって思いました

背が松下さんより小さくてスーツも少し大きいように感じたけどそれも昭和の人って感じでさほど気にならなかったな

なんだか偉そうになってすみません

 

八嶋さんとか和田さんとか脇の俳優さんも豪華でよかったな

あと、平成生まれなのに流れてくる曲全部知ってるから、阿久悠さんの作った曲は長く愛されて歌い続けられている曲なんだなと実感しました

これは何回も見直すの確定!

 

 

 あとはなんと言っても彼でしょ

そうです

 

 

 

 

 加藤シゲアキでしょ!

今でしょみたいになった

 

 

番組の相関図のところに都倉さんの紹介も書いてあったけど

 

 

クールな天才ですってよ!

 

 

ありがとうございます!

スーツをスタイリッシュに着こなし、バーでピンクレディなんてハイカラな飲み物飲んで、本人はおモテになっていたようでプレイボーイだったと

 

そんな天才を加藤さんが演じてる、その事実だけでご飯が進みますね

 

5杯はイケる 

 

 

 でも、1番気になったのが最初のJK達がスマホで動画見ながら歌ってるシーン

 

 

松下さん特殊メイクしても美人だ…流石だ… 

 

ってなりました

住んでる世界が違うわと現実を叩きつけられましたね

 

 

次はしやがれ

 

まずさ、皆さん思ったと思いますけど

 

翔さん嵐に帰ってきたら安心しきった顔してるよ!

 

本人も言っていたけど嵐にいるときは感覚でできていたことが別のグループの彼らとはそれすら打ち合わせないといけない(ニュアンス)ってのが感じられるひとときでした

 

どんなに1人の仕事が多くても、嵐だから頂けた仕事だと話している翔さんすごく素敵です

 

 

よし、中身にいこう

 

 

短距離走から笑いが止まらない

鉄砲玉も稲妻も忍者もパンチがありすぎるww

特に稲妻なんてとんでたからねww

 

 

続いて息止め対決

 

ディフェンディングチャンピオンのイジられ具合がいい…

 

ここだけだからね!って散々言われつつも最後まで一緒に応援してるの可愛すぎか

 

チャンピオンの横の忍びもなかなかすごい顔で(褒めてる)テレビ映ってて

チャンピオンは防衛ならずで残念だったけどハイレベルな戦いを見せてもらいました

一緒に息止めしてたけどあんなに長く止めてられない

1分が限界(短い)

 

 

あとは、にのあいがわちゃわちゃしてたね〜って印象ですよね

 

 

This isMJでは身内対決だったけど身内ならではの緩さが時間帯に合っててよかったな

 

1人1人の個性が強いんじゃ〜、と脳内の千鳥が思わずツッこんでしまうくらい個性が爆発してましたね

 

 

美術班総動員での対決

 

元気貰いました

 

 

ディフェンディングチャンピオンがいらしたからここに、チャンピオンの相方の金髪さんを投入してやってもらいたかったなぁ

 

成功していても選ばれないという、いわゆるてんどんだったろうなと想像がつきます

 

 

 

最後に、3人の"伝える"ということを1人1人話していたところ

 

1人1人取材してきたことも違うし、普段のキャスターとしてのスタンスも違うだろうし、各々の感じたことをありのままに話していたからすごく印象的でした

 

小山さんは伝えることは覚悟だと、取材した女の子を通して感じたことを話していて 

人の心が動く瞬間を伝えていくと本人も話しているように、小山さんは人に寄り添い、人を通して感じたことを伝えてくれるんだと思います

いろいろな人と関われる社交性がある小山さんらしい言葉だなと感じました

 

亀梨くんは普段からスポーツをメインにキャスターをしているからそのスポーツと自分が身を置いている芸能界を見ていて、普段なら見えない挫折や努力を伝えようとしてくれている

グループ活動を充電中だからこそ周りの人との関わりの大切さというか見えない部分を考える機会が多いのかなと勝手に思っておりますが、そんな亀梨くんだからこそ説得力を持って伝えられるんじゃないかと思いました

 

翔さんの考え方は前から好きなんですけど、今回もわかりやすくでも言いたいことはしっかりと伝える

常々頭の良い人だと感じます

僕なんかじゃ伝えられない人がいて、伝えられない事があって、でも僕にしか伝えられない人がいて、伝えられない事がある

こんな考え方ができるようになりたい

私自身、嵐のファンだから翔さんにしか伝えられない人の中の1人だと思います

だからこそ、彼が伝えることの意味を考えて、彼が伝えたいことを理解できるようこちらも準備しておこうと思いました

 

批判されることの多い番組ですけど、この番組で誰か1人でも興味を持ってもらうことがこの番組の役目だと思います

昨日まで知らなかったことでも、この番組の1コーナーで興味を持ってもっと知りたいと1人でも多くの人に感じてもらうことが大切なんじゃないかと思いました

 

 

 

なんだか偉そうになってしまってすみません

 

最後まで読んでくださってありがとうございました

 

では

 

フェチについての話

変態チックになりかねないけど、どうにか頑張りますね 笑

においフェチ、足フェチ、腕の血管フェチetc…

様々なフェチがあると思うんですけど

 

私は、背中フェチ

わざわざ字をデカくしなくても…

 

背中が好きなんです

電車乗ってるとき、歩いてるとき、人混みにいるときに顔じゃなくて背中が気になる!

元々、人と目を合わせるのが緊張してしまうせいもあると思いますが正面より背中に目がいく

 

人それぞれ顔が違うように骨格が違うので背中も違うんですよ

背中で語るという言葉があるように、なんだか背中にはその人の人生が現れている気がするんです

 

簡単に言うと、ロマンを感じるってやつです

 

Twitter、ブログのアカウントのアイコンは同じなんですけど、背中が好きだからこの画像なんです

 

ちなみに、画像の背中は左からシゲちゃんと相葉くんです

 

大分長い前置きがありましたが、今回はその魅力と私的オススメの背中をご紹介します!

求めてないって声は聞こえなーい 笑

 

 

まずは魅力から!

 

背中がカッコよく見える服って私の中ではもう二択なんですよ

 

 

Tシャツとワイシャツ

この二択

 

 

タンクトップでもネルシャツでもダメ

欲を言えば、Tシャツでもテローンとした感じの柔らかい生地(まっすーがよく着てるようなやつ)がいい!

大きめサイズならなおよし

ただ固めの生地だと何か違う感が否めない

多分、肩甲骨が出る生地感が好きなんだと思う

柔らかめの生地だと肩甲骨は出るし、肩の筋肉(三角筋)も出るしでいいことばかり!!

大きめサイズだと程よく肩甲骨が見えるからサラッとしていて爽やかな感じがするから好き

 

ワイシャツは、ズボンに裾をinするから背中の形がはっきりわかる!笑

体を鍛えてる人の方がワイシャツだとよりカッコよく見えると思います

逆三角形がinすることによって目立つ!

デキる男感がたまらないんですよね〜

 

ジャニーズみたいに細めの体型の人はTシャツの方が似合って素敵ですし

ワイシャツが似合う人は大人な感じがして、これもまた素敵

 

 

話しが変わって、

前置きでさっきも言ったように背中にはその人の人生が現れているような気がするんですよ

なんというか、上手く言えないんですけど雰囲気というか、オーラというか…

 

そんな風に感じているからか若い人の背中より、もっと歳を重ねた人の方がなんだかカッコよく見える

頼れそうな大きな背中といいますか

テレビを見ていてもパッと目を引く背中はだいたい30歳以上ですし

 

若い人って、華奢というか体の線が細い人が多くないですか?

ジャニーズJr.見ていていつも思う

もっと筋肉とか脂肪ついてたら更にカッコよくなるのにって

 

だから若い人の背中より歳を重ねた人の方が魅力を感じるんでしょうね

 

背中ばかり見ていると後ろ姿の雰囲気ってすごく重要だと思う

 

猫背だと良く言えば哀愁を感じるし、悪く言えば疲れているように見える

背筋が伸びていたらしゃんとして見える

 

背筋伸びててシャキッとしていて元気だなぁ

自分に自信があるのかななんて思っていたり

 

哀愁感じるのも嫌いじゃないので、

あぁ、疲れているのかな、お疲れ様です

なんて思っていたり

 

勝手にその人の背景を妄想しちゃいます

やっぱり気持ち悪さ全開だ

 

 

次に私が好きな背中について!

 

とりあえずシゲちゃんと相葉くんの背中は好き

 

だって推しだよ?嫌いな訳無いじゃない

 

2人とも細いけど身長ある分、肩幅あるから広く見えるんだよな〜

テレビだからそう見えるのもあるかもしれないですけどね

 

でも、嵐なら潤くん、NEWSなら増田さんの背中が1番好き  おい

 

ガタイがいいから肩から肩甲骨までのラインが綺麗

 

2人ともTシャツがよく似合う

特に増田さんなんか着るTシャツの生地感が最高だからいい!

ビッグサイズだし

 

 

でも、忘れられないくらいカッコよかったのが1人だけいる

 

 

それが広島東洋カープの黒田選手

 

 

メジャーから古巣広島へ帰ってきてすぐくらいかな?にB'zの曲が流れてる黒田選手のCMが放送されていて

ユニホームを着て、グラウンドへの階段を登っているCM

ちょっと何のCMかは思い出せないんですけど

あれがもう忘れられない

ユニホームを着たあの15番の背中が

 

うわ、かっこい…って思わず息を飲んだ

背負っているものが違うんでしょうね

生で見ることが出来なかったのが本当に残念

 

今でも鮮明に脳裏に焼き付いています

 

 

 

 

やっぱり気持ち悪さ全開になってしまいましたね  苦笑

すみません

今までで一番じゃないかってくらいの熱量で話しておりました

 

最後までお付き合いありがとうございました!

 

皆さんも何かフェチはありますか?

 

では、これで